成長期の栄養で大事なたんぱく質

骨付き肉

 

成長期の子供のたんぱく質の摂取量はどのくらい必要なのでしょうか??

 

 

成長期には、大人と同じくらかさらにそれ以上の摂取量が必要とされています。

 

乳児で35g

 

幼児で45g

 

6から8歳まで55〜60g

 

9から11歳まで65〜75g

 

12から14歳まで70〜85g

 

15から17歳まで65〜80g

 

成人だと55〜70g

 

このくらいが必要になってくるんですね。

 

 

成長期にはたんぱく質は必要不可欠な栄養素になります。

 

 

ただ、ほどんど運動をしないで、たんぱく質を取り過ぎると肥満のもとになりますので、適度な運動をすることも大切です。その相乗効果によって成長過程の身長の伸びを大きくします。

 

 

たんぱく質の多い食べ物

たんぱく質は肉類、魚類、卵、大豆、乳製品に豊富に含まれています。

 

 

子供のうちは肉類や魚類などの動物性たんかくからたんぱく質をとってもさほど不健康にはなりませんので、大丈夫です。

 

 

もちろん脂っぽい肉ばかり食べるのはNGですが、適度に野菜と一緒に食べる分には問題ありません。

 

 

余談ですけど、大人はなるべく植物性たんぱくをとったほうがいいですしね。肉などはたまに食べる程度で十分です。

 

 

子供には牛乳がいいといわれるのはたんぱく質とカルシウムが同時に取れるからなのですが、実際はカルシウムはあまり吸収されないようです。もともとカルシウムは吸収されにくいものですので。

 

 

栄養を補助してくれるアスミール

 

ここで宣伝になりますけど^^;)こういった栄養を総合的に補助してくれるドリンクが私の息子に飲ませている

 

 

「アスミール」です。普段の食事との相乗効果で、子供の体格を作っていくのに大きな効果を発揮します

 

 

⇒参照 アスミールの効果は実際どうなの?調べてみました

 

 

肉がきらいだったり魚や卵が嫌いだったりするお子さんには、アスミールで栄養の補助をしてくことがとても大切に案ってきます。

 

 

 

アスミールの公式サイトはコチラから
↓ ↓
アスミール 詳細はこちら

 

 

 



 

 

 

 

 

アスミールの副作用トップページにもどる